【エントリー製品一覧】  会場で仕入れができます!
展示会会期:2016年7月6日(水)~8日(金)10:00-18:00(最終日のみ17:00終了)
会場:東京ビッグサイト
Company Name
(株)大香
Product Name
KAORI Kengo Kuma
Category:  リードディフューザー Feature: 日本製
Material: 陶器、香料、竹 Size: W22.4 × H29.5 × D5.4(cm)
1,000g
Price ¥18000

2020年東京オリンピックの国立競技場の建築を担当される日本を代表する建築家隈研吾氏と共同開発したリードディフューザーである事。開発の経緯もストーリーがしっかりとある、語れる商品であります。
Message, Story and Episode:
隈研吾氏デザインのリードディフューザー

ロンドンのアカデミーオブアーツが主催した展覧会「Sensing Spaces(センシングスペース)」にて、隈研吾氏の構造物“pavilion of incense”に香りを付与するパートで、株式会社大香は参加し、視覚のみならず嗅覚を研ぎ澄まして体感できるスペースを作り出しました。

その時に会場で感じた感覚をご自宅でも再現出来るよう、ミニチュアのプロダクトを作製しました。
KENGO KUMAのサインが焼き印で入り数量限定222個の希少価値の高い商品です。

器には液体を入れる場所が3つにわかれており、器の上にかぶせる蓋にはランダムに孔が開いています。付属の竹ひごを好きな孔に挿し込むことで、生け花のように色々なかたちがつくることができ、同時に吸い出す香料のブレンドも竹ひごの挿し方、液体の入れ方等で変化します。
香りは檜・畳・苔の3種類。1種のみを注ぐことも、2種、あるいは3種を注ぎミックスされた香りをお楽しみいただくこともできます。

香りもビジュアルのレイアウトして楽しむことができるディフューザーとなっております。
Product Summary:
香りの説明
構造物“pavilion of incense”の香りであるヒノキと
タタミにコケを加えた3種類。イメージは神社に向かう
参道からコケとヒノキの並びを進み、屋内へ入り落ち着
きのあるタタミの香りを表現している。