会期: 2016年3月2日(水)~  4日(金)
会場: 東京ビッグサイト
主催: リード エグジビション ジャパン株式会社

グリーンリバー(株)

>> 会場案内図はこちら
第6回 [国際] スマートグリッド EXPO     小間番号:W5-48


 製品一覧 (メーカー名)

オフグリッドでの電力活用
新たな送電システム

東京大学大学院 特任教授 阿部力也教授との共同研究をベースにさまざまなエネルギーの中からバリューコストなエネルギーを選択して活用できるシステムを提案しています。
農業での再エネ活用
再エネを中心としたエネルギーの自家消費型栽培

施設園芸と呼ばれる大型のビニールハウス栽培で問題になる化石燃料コストの削減を実証試験しています。農転が不要で余剰売電ができるシステムを皮切りにオフグリッドでも栽培ができる農業用電源のご提案をいたします。
ロックボルト工法
法面での施工を可能とした弊社独自の特許工法

法面での太陽光発電所建設はこれまで困難でした。可能な場合は造成費用、施工性の悪さからコスト高になることがほとんどです。
これらの問題を解決できるのがロックボルト工法です。設置するための部材が少なく、法面での施工性が良くコストを抑えることができます。
施工難でお困りの方、コストを抑えたい方はお 気軽にご相談ください。
システム型枠工法
コンクリート置き基礎を高品質のまま効率よく簡単に造ることが可能となった特許工法

在来工法で置き基礎を造る場合、今まで数百名 単位の職人を必要としておりました。
システム型枠工法であれば作業が容易なため、 職人でなく一作業員でも高品質のまま基礎を造ることができます。
また、一度に製作出来る個数を増やし作業を圧縮させる事で短工期での施工を可能としました。
これにより労務コストの削減へ繋がりました。
キャ ストイン工法
今まで非常に困難であった支柱固定を解決した、当社開発工法

太陽光発電所建設において、架台を固定する為の支柱材を
固定する作業は、今まで非常に困難でありました。
そこで当社は、新しい工法を開発し問題をよりスムーズに解決致しました。
キャストイン工法は固定式の三脚を使用してお り1人でも支柱を固定できレベル調整まで行うことができます。
これにより作業の簡易化とコスト削減を実現しました。
 
 

 会社情報 

太陽光発電所建設に特化した施工業者である弊社では、FIT減額以降のニーズになるといわれているオフグリッドでの再生可能エネルギー活用を提案しています。
太陽光のみならず風力やバイオマスなど環境・使用状況に応じてエネルギーを選択できる仕組みを産学連携で取り組んでおり新しい時代のニーズにこたえられる再生可能エネルギーシステムを推進します。
URL: http://www.greenriver-inc.com/ 国名: 日本
部署: 企画部経営企画課 TEL: 092-471-7332
※本情報は来場者から出展社への事前連絡用に公開しています。それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載することを固く禁じます。
  
Copyright © by Reed Exhibitions Japan Ltd. All rights reserved.