<< 出展社・出展製品検索  e-ガイドブックに戻る

会期: 2014年2月26日(水)~28日(金)

会場: 東京ビッグサイト

主催: リード エグジビション ジャパン株式会社

  • 会場案内図
  • お気に入りリスト
  • 招待券

フラウンホファー化学技術研究所ICT

お気に入りに保存
第10回 [国際] 水素・燃料電池展 (FC EXPO)   小間番号:W24-85
プレスリリース PDF
 

 製品一覧 (メーカー名)

アルカリ直接アルコール燃料電池
アルカリ陰イオン交換膜をベースとしたアルコール燃料電池は、高いエネルギー濃度とスタート・ストップサイクルに対する高い回復力で今日のDMFCのメリットを提供しながら、触媒をベースとしたプラチナの使用を回避でき、エチレングリコールやエタノールなど、さらに高い受容度のある燃料で作動できます。フラウンホファーICTはさらなる開発においてのパートナーを求めております。
 
直接アルコール燃料電池をベースとしたHTPEMFC
直接アルコール燃料電池をベースとしたHTPEMFCは、液体燃料を簡単に貯蔵でき、リフォーマーを使用するシステムより混在的に早いスタートアップを容易にするエネルギー濃度のメリットを提供。フラウンホファーICTとそのドイツとフランスのパートナーはさらなる開発のためのパートナーを探しております。
 
燃料電池のなかの長期滞在型と大量輸送プロセスの測定
直列の質量分析と別々の電気化学的質量分析によって、短期滞在プロセスですら燃料電池から発生するガスを監視することができます。そのためこの技術はエアー・エアースタートの短期滞在状態や負荷の変換状態のガス交換などの触媒担体の腐食の監視のときに使用できます。フラウンホファーICTは測定と開発サービスを提供します。
 
レンジエクステンダーやAPUとしての燃料電池
バッテリー電気車両は乗用車や軽量業務用車両として経済的な短距離輸送手段を提供します。しかし、寒い天候は運転距離を短縮し、リチャージはとても時間がかかります。燃料電池電源とのインテグレーションはこのようなデメリットを減少します。フラウンホファーICTはこのようなソリューションを多彩なプロジェクトで開発し、パートナーを探しています。
 
 
 

 会社情報 

応用電気化学部では、燃料電池、バッテリー、フローバッテリー、センサーや分析システム分野における応用研究を行っております。燃料電池研究では、低温燃料電池のための電解触媒、膜電極アセンブリや特にAPUのための燃料電池システムやレンジ拡大アプリについて研究を行っています。

国名: ドイツ
部署: Applied Electrochemistry
TEL: 49-721-4640-665
※上記の情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載する事を固く禁じます。
 

 共同出展社 

ペーター・ザウバー・エージェンシー(有)  /  ANDREAS HOFER HOCHDRUCKTECHNIK GMBH  /  E-モバイル BW  /  EZELLERON GMBH  /  NOW   /  エフセル/ ワールド・オブ・エネルギーソリューションズ  /  サンファイアー  /  GSR VENTILTECHNIK GMBH & CO. KG   /  TECHNISCHE UNIVERSITAET DARMSTADT   /  ドイツ貿易・投資振興機関  /  燃料電池と水素のネットワークNRW  /  HYDROGEN AND FUEL CELL INITIATIVE HESSEN   /  フラウンホファーIKTS  /  フラウンホファー ICT-IMM  /  ベッカーエアーテクノ(株)  /  マン・ウント・フンメル(有)
Copyright © by Reed Exhibitions Japan Ltd. All rights reserved.